洗顔適当にやってませんか?男の洗顔ほどスキンケアで重要なものはない

男性は皮脂が多いのになぜ洗顔が適当なのか?

なぜ肌がちょっと荒れたくらいで気にしない男性が多いのか?

そんなスキンケアではいつまで経っても美肌にはなれません。どんな女性でも汚い肌より綺麗な肌の方が良いはずです。

『汚い肌が大好き!』という女性を聞いたことがありますか?

ないですよね?では綺麗な肌になるためにまず何をすれば良いか?

洗顔から始めましょう!正しい洗顔をすることが美肌への第一歩です。

ということで男性の洗顔の正しいやり方を紹介していきたいと思います。

 

美肌になるための洗顔①

洗顔はしすぎないこと!

ニキビ肌やオイリー肌の人にありがちな洗顔のしすぎ。洗顔をしすぎるとどうしても皮脂を取りすぎてしまいます。皮脂をとりすぎることによって肌は皮脂を出さなければいけないと勘違いしてしまいます。つまり悪循環です。

皮脂を取るはずの洗顔が逆に皮脂をだしすぎる状態へと促してしまいます。

また洗顔のしすぎは乾燥を招いてしまいます。1日の洗顔は最高3回までにしましょう。

 

美肌になるための洗顔②

絶対にゴシゴシ洗わない!しっかりと泡だてて洗顔する

男性に多いのが洗顔料をそのまま手にとり、泡だてないまま顔に塗り込んでゴシゴシ削るように洗う人がいます。

これはかなり肌へダメージを与えてしまいます。洗顔料を泡だてないことで肌への摩擦が大きくなります。さらにゴシゴシ洗うことで肌を傷つける形となってしまいます。しっかりと泡だててやさしく肌の上でくるくる回すように洗ってあげることで肌へのダメージを最小限にしましょう。ゴシゴシ洗わなくても洗顔料の力だけで大抵の皮脂・汚れは落ちます。

 

美肌になるための洗顔③

ぬるま湯でしっかりと洗い流すこと!

これが意外とできていない男性が多すぎる気がします。

特に洗顔料を泡だてていない人は特にです。洗顔料を泡だてていれば、洗い残しがあると白く残ってわかりやすいのですが、泡だてていなければかなりわかりにくいです。洗顔料というのは思っているより落ちにくいです。水で流すとさらに落ちにくいのでぬるま湯で落とすのがベストです。ここで熱すぎるお湯で洗うと肌を痛めてしまうので、37度くらいのぬるま湯が良いでしょう。

また水で洗うと毛穴が引き締まって化粧水などが入りにくくなる場合があるのでぬるま湯が最も良いとされています。

洗顔料を洗いながす際は1分程度、落ちたと思っても何回か洗い流すのが良いでしょう。

美肌になるための洗顔④

水気を取るときはタオルでゴシゴシしない!今までのが全部無駄になる!

男性特有のゴシゴシ拭きです。逆に女性のようにタオルでポンポンと水気を取る人は少ないかもしれません。

しかし、肌に良くないです。これも摩擦によって肌トラブルに繋がります。水気が取れたかな?と思うくらいが最も良いです。しっかり水気が取れるようにポンポン取るのではなく、表面の水気が取れたらOK!次の化粧水が入りやすくなります。

 

まとめ

男性は洗顔を適当にしがちな傾向にあります。

化粧水などで肌を整えているだけではダメなんです。その前の洗顔からしっかりスキンケアしてあげるイメージが大切です。男性だからといって適当にしていると肌トラブルの元になります。気をつけましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です